新着情報

Newsletter2022年6月号【ヨコオ】 ~ヨコオのめっき技術~

メールが正しく表示されませんか?
ブラウザーで表示してください


今号では、ヨコオオリジナルコネクタにおける当社のめっき技術と取り組みについて、ご紹介させて頂きます。

​​​​​​





​​

【当社のめっき技術に対する取り組み】

ヨコオの経営方針の中に「技術立脚企業」として世界標準の微細精密加工技術の向上に加えて、精密めっき研究・開発を通じた競争力強化を重点施策の一つとして位置付けております。

ヨコオのコネクタとそのめっき技術は30年以上に渡り蓄積された技術があり、より付加価値の高い製品展開を主軸に、次世代製品への研究開発に邁進しております。
群馬県の富岡工場では品質改善・研究開発を行い、量産におけるめっき工程は自社のマレーシア工場を中心に行っており、サプライチェーンを絶やすことの無い体制を構築しております。


当社マレーシア工場


【当社めっき技術の特徴  】

<ポイント1.>
当社のSPRING CONNECTOR®を含めヨコオの標準コネクタでは、「高信頼性」を満たすアイテムとして、Ni-Auめっきを採用しております。
またコネクタを構成している各部品毎にめっき厚をコントロールし、めっき仕様の最適化を行っております。


SPRING CONNECTOR® 基本仕様(抜粋)

・定格:AC/DC12V-2A
・接触抵抗:50mΩMAX
・仕様雰囲気温度:-40℃~+85℃
・操作耐久回数:20,000回

 ※詳細はこちら

​​​​​

​​​​​
​​​​<ポイント2.>
さらに厳しい過酷な環境下でもご使用頂ける様、「耐腐食性」に優れためっき処理を施したコネクタも対応可能です。
その中には、化学薬品等の「耐薬品性」に特化しためっき仕様の開発も行っており、
様々なお客様にお応えできる様、日々新たなめっき技術の開発を推進しております。
 

​​​​​
<ポイント3.>
昨今、ウェアラブル端末等の需要増に伴い、人体に直接触れる製品(機器)において、金属が人体に触れることで発症する金属アレルギーが問題となっております。
コネクタにおいても「耐アレルギー性」が求められる傾向があります。

貴金属の中でもNiが人体へ悪影響を及ぼすとして、製品に対しNiの使用規制が注目されており、欧州規格EN1811をはじめとした使用規制法が進んでおります。
ヨコオの標準コネクタ表面にはAuによるめっき処理が施されている為、基本的には影響を及ぼさない仕様となっておりますが、さらに高耐アレルギー性を考慮した「Niフリーめっき」の対応も可能です。


<ポイント4.>
一部の製品(機器)において、当社標準コネクタ仕様では「高スペック」過ぎるというお声を頂く事があります。
製品(機器)内部で使用される様な接点コネクタやI/Oコネクタ等は、低定格、あまり着脱しない(篏合回数が少ない)等でご使用されるケースがあり、従来の標準コネクタでは余剰スペックとなってしまう事があります。ヨコオでは余剰スペックを最適化し、その分コスト還元が可能(低コスト化)な「薄めっき(厚)」の対応が可能です。

現在、「薄めっき(厚)コネクタ」を標準品としてリリースさせて頂きました。(注. HP掲載準備中)
また、これまでの標準品と同様、ご使用される使用距離毎でのラインナップ化を始め、多極タイプを順次リリース予定です。

※現在1ピンタイプは下表リストのラインナップをリリース。
多極(複数ピン)タイプ(2~5ピン)をラインナップ保管予定。


 


 

<ポイント5.>
様々な市場や製品(機器)、ご使用状況に応じた「最適なめっき仕様」を提案させて頂きます。
標準品のめっき仕様変更からカスタムめっき仕様まで、ご要望に応じた対応をさせて頂きます。(カスタマイズ)

・一例
①高信頼性・高耐久性に特化
②耐環境性に特化
③標準品の仕様変更(コスト対応)
④外観色味の変更(銀色めっき) 
 

​​​​​

【お客様のご使用例(ご採用事例)】

<事例1.> ワイヤレスイヤホン ~イヤホン本体コネクタ~(耐アレルギー性/銀色めっき )

ワイヤレスイヤホンでは専用ケース内で保管中に充電を行う製品が多く流通しております。
専用ケースとイヤホン間の充電用コネクタとして、ヨコオの「SPRING CONNECTOR®」は多数ご愛顧頂いております。

イヤホン部分は人体に直接触れる可能性があり「耐アレルギー性」を求められる事があります。
Niアレルギー対策としてNiフリーめっきを施したコネクタをご使用頂いております。

また、イヤホンの外観デザインに合わせコネクタの「色味変更」も対応させて頂いております。(例. Agめっきを施した銀色めっきコネクタ)


 


 
<事例2.> 機器内部のI/O接点コネクタ(低コスト)
  
製品機器内部に使用されているI/O接点等のコネクタは、着脱回数も少なく定格や仕様もそれほど高仕様なコネクタを求められておりません。
標準よりもAuめっき圧を薄くした、薄めっき(厚)コネクタをご使用いただくことで適度な仕様を保ちつつ「コストダウン」が期待できます。
薄めっき(厚)コネクタとしてリリースさせて頂いており、順次ラインナップ拡充予定です。
 (注. 申し訳ありません。 HP未掲載製品となっており、ご要望はお問合せください)

もちろん標準品以外でのご要望に合わせたカスタムでのご提案が可能です。


<ご採用事例>​​​​​
・スマートホーム機器
(基板間の内部接点)

・ワイヤレススピーカー
(信号用内部接点)


 

​​​​​

【編集後記】

ヨコオではお客様の声(ご要望)から特定の市場や製品問わず、日々の改善や新規開発を推進しております。

また、お客様の設計や選定等のご負担を軽減できる様、多彩な「標準品のバリエーション」に加え、これまでの経験や実績を活かしたご提案やアドバイス対応等も行っております。

「お困りごと」、「ご要望」、「ご質問」等ございましたらお気軽に「問い合わせフォーム」よりご相談ください。ご質問のみでも構いません。誠心誠意対応させて頂きます。





■これまでの Newsletter■




 



■ヨコオ紹介動画■

​​​​※YouTubeサイトが表示されます。

■ヨコオFC事業部紹介映像■

​​​​※YouTubeサイトが表示されます。
 当社製品に関する要望やご質問はもちろん、
どんなことでも下記お問い合わせリンク先よりお気軽にお問い合わせください。
担当よりご連絡申しあげます。
 
よろしくお願いいたします。


         
 
© 2022 Yokowo.Co.,Ltd., All rights reserved.

株式会社ヨコオ FC事業部
〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-25 JR神田万世橋ビル 14階

当メールマガジンは過去に問い合わせをいただいた方、名刺交換等させていただいた方に配信させていただいております。
配信停止をご希望の場合は、こちらから設定してください。 

 

2022/06

一覧へ戻る